営業研修の目的

営業研修をやろうかということが社内で話しに上がったことがある。営業社員の営業力を強化させて売上を伸ばそうというなかなか短絡的な発想だ。売上が伸び悩む、あるいは横ばいになった原因は何かということを考えずに営業力を付ければ売上も上がるというのはちょっと単純すぎやしないかなと思った。そもそも売上が横ばいなのは、業界を通してみたら全体的に下降傾向にあるのに自社だけ横ばいをキープできているならそれはそれで、投資するほど危機感を露にしなくてもいいような気もするし。まあやるとなれば、営業マンは数年やったら後はやる気をいかにキープするかとか、なあなあな空気を打破するかということが重要になってくるような気もするから、こんな実践?営業研修というのが意識向上や活性化につながる活性剤になるんじゃないかなと。
posted by 焼酎 at 20:00 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。