酒庫(焼酎とウイスキー)

ものを作り出す「創造」には、およそ3つの段階がある。まず、ボーッとしているところに、あるアイディアがポンと降りてくる「構想受胎」。そしてそれに続く「内面推敲」。時が熟してようやく動き出す「外面形成」。内面推敲の期間は、作品によってさまざまだが、長ければ10年・20年という場合もある。私はそれを酒作りのイメージに重ねている。昔、ウイスキーの新聞広告にいいコピーが載っていた。

「ひと粒の麦が、生命の水と呼ばれる、人間の生に欠かせないものに生まれ変わる。このミステリアスな異変が出来あがるのを、10年以上も待つ。待って待って、ひたすら待って、やがて神の啓示を得る。「麦はスコッチと成れり」先祖代々この繰り返し。諸事、性急こそ勝利者の世にあってなんとも中世的な時間作業の中で、わたしたちのウイスキー作りは続けられます。
そしてそれしか、真のウイスキーを作るノウハウはないのです。時間が技術。待つ事が技術。しかし世界は広いですから、わずか2・3年で速成される銘酒、4・5年で大人になる至宝もあると漏れ聞くこともあります。が、そんな途方もない話を聞いても、わが故郷スコットランドの職人たちは、「まっ、そんな事もあるのかね」と受け、また酒庫に眠る神の子の成長ぶりを見守る仕事に帰ってゆきます。時間をかけずに実力が出来るか。一人前になるには、何だった10年以上の歳月がかかるのさ。そんな頑なな誠実さに育まれて12年。ジョニーウォーカー黒ラベル12年。」

伝(芋焼酎)【日本酒専門店 丸河屋】

鹿児島の浜田屋伝兵衛と言う蔵元の芋焼酎です。 1.8L-\2,940(税込)日本酒のようなきれいさが持ち味です。たまに品切れしている時がありますが、御了承くださいませ。
芋焼酎もいろいろあります。そのすべてが品薄状態で困っています。この伝は特約販売制度をとっていますので、販売店はある程度の量は確保できます。しかし原料の芋自体がなくなってきているために、品切れもおこします。蔵元も一生懸命やっていますので、在庫切れに関しては御理解をお願いします。伝の酒質ですが、はじめて芋焼酎を飲む方には特におすすめしたいです。日本酒と同じ麹を使っているため、日本酒に通じるきれいさがあります。とっても繊細ですから、昔からのコテコテの芋焼酎のイメージとは大分違います。どの方からも評価は至って高くなっています。
posted by 焼酎 at 05:39 | 日記

営業研修の目的

営業研修をやろうかということが社内で話しに上がったことがある。営業社員の営業力を強化させて売上を伸ばそうというなかなか短絡的な発想だ。売上が伸び悩む、あるいは横ばいになった原因は何かということを考えずに営業力を付ければ売上も上がるというのはちょっと単純すぎやしないかなと思った。そもそも売上が横ばいなのは、業界を通してみたら全体的に下降傾向にあるのに自社だけ横ばいをキープできているならそれはそれで、投資するほど危機感を露にしなくてもいいような気もするし。まあやるとなれば、営業マンは数年やったら後はやる気をいかにキープするかとか、なあなあな空気を打破するかということが重要になってくるような気もするから、こんな実践?営業研修というのが意識向上や活性化につながる活性剤になるんじゃないかなと。
posted by 焼酎 at 20:00 | 日記

昔の天気予報は動物だったって知ってました?

昔の天気予報は、高気圧や低気圧というかわりに動物の絵で表現していたそうです。なんかかわいらしいですよね^^

森田さんのブログに詳しいことが書いてあります。関係ないけど、政治の話も動物でやったらいいんじゃないかな 笑

もっと身近に感じられるんじゃないかなーなんて
posted by 焼酎 at 05:51 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。